単身引越

単身引越の見積もり料金に差が出る秘策とは?

単身引越の見積もりから当日作業までのコツ

 

WEB上の申し込みフォームに入力後、登録した電話番号にオペレーターより電話があり、その際に荷物の大きさや量、運び出し・運び入れ作業の時間帯などを尋ねられました。

 

これで最終確認になり、見積もり料金が示されます。

 

それを承諾すれば契約となります。

 

実際に営業担当者が訪問しての見積もりではないため、申し込む前に自分で荷物の大きさや量を確認しておく必要があり、荷物量の多い家族での引越しになると手間がかかるかもしれませんが、単身引越の場合は、その分料金を安く抑えることができるのでお得だと思いました。

 

また、単身引越パックの場合、段ボールやガムテープなどの包装資材は自分で用意しなければなりません。

 

購入することもできます。

 

そのため自分で荷造りする時間のある方に向いていると思います。

 

引越し料金を節約するためには、荷造りを自分で行う場合が多いと思います。

 

その際には、本などの重いものは小さめの段ボールに入れ、衣類などの軽いものは大きめの段ボールに入れると運びやすくなると思います。

 

また、内容物がすぐわかるように、段ボールの上面右など定位置に中に入っているものを書いておくと、運び入れの際、また荷解きをするときに楽になります。

 

引越し当日は運び出し、運び入れなどを監督し、指示ができるように、引越し当日までに荷造りはすませておいたほうがいいと思います。

 

また、運び出し作業中にも緩衝材を巻いたり、ガムテープで固定したりと、さまざまな細かい作業をしなければならなくなるので、動きやすく汚れてもよい服装で臨むほうがいいと思います。

 

単身引越とは言え、引越は重労働ですから。

 

 

個人的にお勧めの単身引越し業者はヤマト運輸です。

 

しっかりした業者ななのは勿論。

 

過去数回使っている業者です。

 

一般的に割高と言われている所ですが、以下のサイトに書かれている方法を使うと相場より遙かに値引き出来ますので特定の業者に拘りが無ければお試し下さい。

 

ヤマト運輸の単身パック攻略法|絶対トクする最強値下げ術大公開

 

安く単身引越しをするには?

 

今回、レディアス引越センターという業者で引越しをしました。

 

初めて聞くところでしたが、料金が良心的かつ、サービスが的確で事前チェック(サーチ)の大事さをとても感じました。

 

良い業者を見つけるには、とにかく見積もりはいろんな会社から貰うこと。

 

最低でも三社は見積もりを貰う。

 

当日契約じゃないと安く出来ない等言われるが断ってとりあえず見積もりだけ貰い、他社と比べることが大切。

 

地域にある引越し業者は安いがトラックが小さいので持っていける荷物は各自持って行って欲しい、貰える段ボール数が少ない等があるので値段は安くても自分の車で持っていけないなら確認したほうがいい。

 

あと、洗濯機設置は無料と有料の会社があるのでそこも確認したほうがいい。

 

大手はやはり荷物の保険等がしっかりしているので貴重品が多い方やファミリー向けな気がする。

 

一人暮らしの引越しや単身赴任の引越しは地域の引越し業者を利用して安く済ますのが良いのではと思った。

 

 

 

また、引っ越し先は自分に合うかしっかり検討しておくべきです。

 

閑静な住宅街だけれど、買い物に不便な町は困ります。

 

閑静ですので、確かに落ち着いていて緑も多く住環境はいいですし、不審者が歩いていれば目立つので用心しやすくもあります。

 

けれど、買い物は自転車か車がないと商業地まで結構歩きます。

 

年配者には日々の暮らしのための買い物に行くにも一苦労です。

 

また、そういった町は病院も遠いです。

 

最近は老人夫婦だけのお家も多く、軽自動車に高齢者が高齢者を載せて運転して病院に来ることも珍しくありません。

 

私はまだその年ではありませんが、このような町は将来が不安です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ